MENU

【外科クリニック】求人の特徴・探し方・働き方について

病床を持たない外科クリニックは、仕事と家庭を両立させたい看護師にとっては、まさに理想的な職場と言えるのではないでしょうか。結婚や出産を機に離職していた看護師にとっても、夜勤がなく自宅から通いやすい場所で看護師の資格を活かして仕事ができる個人経営のクリニックは大人気。そのため、求人が出ると大勢が殺到して激戦になることも多いですし、離職率も低いためになかなか求人が出ないのも特徴です。

 

こうした小規模な病院では、どんな看護師でも仕事が務まるというわけではありません。小規模なためにスタッフも最小限で回すことが多く、1人の看護師に課せられる職務や責任は、大学病院や総合病院に勤務する場合と比較にならないほど大きくなります。そのため、資格を取得したばかりの新米では務まりません。看護師としての経験や実力がある程度ある人にオススメの職場と言えるのではないでしょうか。スタッフの数が少ないため、働きやすい職場になるかどうかは、そこの人間関係にも大きく関係しています。特に医師との相性は看護師にとってはとても大きなポイントとなるので、転職先を見つける場合には、そうした点も念頭に入れておいたほうがよいでしょう。

 

また、個人経営のクリニックなどは、求人募集も転職支援サービスなどで募集するだけでなく、病院の中に募集の張り紙を出したり、地元のハローワークから紹介してもらうという方法もあります。そのため、1つの転職活動にこだわらず、あらゆる場所や方法で求人チェックをしたほうがよいですね。