MENU

【大学病院の外科】求人の特徴・探し方・働き方について

外科に勤務する看護師でも、職場となる病院の体質によっては性格的に合う・合わないがあります。最新設備が完備されていて、最新の医療技術を間近に経験しながら、短期間でたくさんの症例を勉強できる大学病院は、キャリアアップやステップアップを目指している人にとっては理想的な職場と言えます。特に、看護師としての知識を深めて実力をつけたい人にとっては、小規模な病院ではなく、大学病院で働くことが必要不可欠とも言えるでしょう。

 

こうした病院では、大勢のスタッフが働いていて、看護師のレベルや実力も千差万別。資格を取得したばかりの新米もいれば、経歴何十年という大ベテランまで、大勢が実力に合わせて職務を与えられています。外科で働いた経験がない人や、自分の実力をアップさせたいという人にとっては、大学病院で働くことは大きなプラス材料となります。随時求人が出されている病院もたくさんありますが、毎年春に定期採用している病院が多いので、特定の病院の外科で働いてみたいという人は、定期採用の枠を狙うのも良いかもしれませんね。中途採用の場合には、転職支援サービスなどを活用しながら、自分の実力を高く評価してくれる転職先を見つける方法がおすすめです。

 

スペシャリストを目指している人には、おすすめの大学病院。他の診療科目と比べると、看護師に与えられる雑務がとても少ないため、看護に専念したい人にも向いている職場と言えるかもしれませんね。毎日忙しく、残業や夜勤などは避けられませんが、体力的にも精神的にもタフな人に適した職場と言えるでしょう。