未経験で外科の看護師求人に応募する

MENU

未経験で外科の看護師求人に応募する際の注意点

看護師としての経験がある人でも、キャリアアップやステップアップ、将来の展望などを考えながら外科への転職を希望する人は少なくありません。この診療科は専門性が高い分野で、一口に外科と言っても、呼吸器、脳神経、心臓血管、消化器、胸部、整形、形成、内分泌、胃腸、肛門、小児、美容、歯科口腔などの専門分野ごとに診療科目が設置されていることが一般的。そのため、転職を考えて求人募集を探す場合には、専門分野をしっかり決めてから探したほうがよいでしょう。

 

転職をするときには、やはりその科ではまったく経験がないよりも、すでにその診療科目で働いた実績がある人の方が、圧倒的に転職には有利になります。しかし、未経験者でも転職に成功するためのコツがあります。それは、経験がない人でも短期間で、たくさんの症例を経験して看護師としての実力をつけることができる大学病院や総合病院などを狙うこと。こうした大規模な病院では、随時たくさんの看護師を募集していますし、経験がなくても実務の中で先輩から指導してもらえるので、経験者でなければ採用しないということは少ないもの。逆に規模が小さい病院の方が、経験者でなければ採用してもらえないということが多いようです。

 

これまでにも外科で働いた経験がある人なら、志望動機なども「キャリアアップ」「ステップアップ」とできますが、全く別の診療科目からの転科による転職の場合には、なぜその診療科目ではなく、別の科目を選んだのか、そのあたりの志望動機などはできるだけはっきりさせたほうがよいでしょう。