看護師 外科向きの性格はある?

MENU

外科に向いている性格ってあるの?

病院に勤務する看護師という仕事でも、どの診療科で働くかによって、向いている性格や適性が異なります。それぞれ専門性が高い診療科目になっているだけでなく、看護師に与えられる権限も大きく異なりますし、勤務形態なども異なります。外科には消化器や整形、形成、美容などたくさんの専門分野がありますが、看護師の職場は大きく分けると病棟、外来、そして手術室に分類することができます。このうち、病棟の場合には、専門分野に関わらず、毎日忙しくシフト勤務をこなすことになるので、体力に自信がある人や、忙しく働くことが大好きな人には向いていると言えるでしょう。

 

一方、外科勤務の看護師の中でも特にハードルが高く、実力主義と言われている手術室勤務になると、一つひとつの手術の工程を理解するだけでなく、執刀するドクターのサポートを行うことになるので、精神的にも肉体的にもハードな仕事になります。キャリアやステップアップという点では大きなメリットがありますし、やりがいを感じることもできます。手術時間によっては残業することも少なくないため、時間にフレキシブルに対応できる人に向いていると言えるでしょう。

 

また、この診療科全般に言えることですが、手術をメインに行う外科では、手術後の患者さんのケアやコミュニケーションはとても大切。傷口が痛かったり、不安を抱えている患者さんとどのようにコミュニケーションを取るかは、外科の看護師に求められるスキルの一つでもあります。