MENU

【総合病院の外科】求人の特徴・探し方・働き方について

総合病院は、たくさんの病床を抱えている大規模な病院から、病床を持たずに外来のみで運営されている小規模な病院まで様々な規模があります。病院ごとに規模が異なるだけでなく、どんな診療科が設置されているかによっても、外科で働く看護師の働き方が異なります。転職先を見つける場合には、自分が外科の看護師としてどのような仕事に携わりたいのかを考えながら転職先を選びたいですね。

 

病床を持つ総合病院の場合には、求人はシフト勤務が2交代制なのか3交代制なのかをチェックしましょう。多くの病院では3交代制の勤務が採用されていますが、総合病院の中には勤務形態が2交代制となっているところもあります。それまで3交代制で仕事をしてきた人にとっては、いきなり2交代制になってしまうと、体がリズムをつかめずに体調を壊してしまうことも考えられるので、勤務時間や勤務体制は、最初にチェックしておきたいポイントです。

 

また、総合病院は病院ごとに忙しさがまったく異なります。年間休日だけでなく、毎月の平均的な夜勤の数や残業時間なども、できれば転職前にチェックしておきたいもの。自分一人ではそうした情報収集にも限度があるので、転職支援サービスなどを上手に活用しながら転職前に可能な限り、職場の雰囲気や環境なども調べておいたほうがよいでしょう。転職支援サービスなら、医療業界に精通したプロのカウンセラーが、求人募集には明記されていない職場環境や雰囲気などについても情報収集できることも少なくありません。